奈良県を中心に ボイス・ボイトレを学ぶなら 姿勢・呼吸・発声・発音・話し方 ボイスデザインオフィスのぎす|大阪|奈良|和歌山|三重|全国|
寝ても覚めてもボイトレ思考-くりもとかおるBlog-

ボイトレコラムー寝ても覚めてもー

歌と筋肉とダイエット 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第13夜ー

歌は脂肪で歌うんじゃない、筋肉で歌うものよ! 中学生の頃、声楽の師匠であった先生に言われた一言。 更にこの後に …

喉に良い食べ物 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第11夜ー

講演前、あえて食べないもがあります 喉に良い食べ物、ではなく。 あまり喉に良くないのかなーという食べものはあります。

ゆがんだ姿勢の戻し方 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第10夜ー

そもそも、地球には重力がありますので、一日中立っていたり座っていたりすると 背骨の隙間が狭くなったり、水分が下がって足がむくんだり…。 背中曲がってもしゃーないよなーと思う要素は、たくさんあります。 ではどうするのか? ちょいちょい姿勢を戻すようにしています。 方法としては

早口で言えれば良いわけじゃない 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第9夜ー

娘「で、なんで知ってるん?」 私「おかーさん、小学校で3年間演劇部やってん。最後部長な。」 娘「え、今の小学校演劇部無いで?」(3代で同じ小学校出身です) 私「なくなったんやなぁ。オカンの頃は、あってん。」

聴いている人が望む声で話す 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第8夜ー

講演・スピーチ等、登壇するときというのは、誰かが自分を観ているというのが大前提。 では、動画配信などはどうでしょう? リアルタイム配信でなければ話しているのは自分ひとり。 観ている人の反応も、わかるのは公開してからですよね。

緊張に慣れる 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第7夜ー

この動画の話をする前に、少しだけ前提のお話を。 小さな頃から、私は母にたくさんの夢を託されていました。 ①まずNHKの歌のおねえさんになって ②そのあと、NHKのアナウンサーに転身 ③そのあと、オペラ歌手になって ④最後は歌って踊れる主婦になりなさい というのが、母が私に託したミッション。 いや、結構色々無理があります(笑)

喉の痛みの意外な原因 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第6夜ー

風邪をひけば扁桃腺が腫れ、喉の痛みに悩まされる…。 ちょっと歌えばすぐに喉に違和感が…。 そんな学生時代を送っておりました。 そして、4年前。 なぜか、4月~7月にかけての喉の痛みが顕著に。 そりゃーもうちょっと車の中で歌うだけですぐガラガラに! 3年前の時点では、4月から12月までずーっとそんな感じになってしまいました。

テクニックで誤魔化す前に 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第5夜ー

自分色に染めて歌えるようになるには、相当な数の歌いこなし(ただ歌うのではなく、歌いこなす)が必要です。 算数だってまずは数を数えるところから覚えるように、歌もまずは「同じように歌えてから」応用に入りましょう。

中身があるから聞いて貰えるわけじゃない 寝ても覚めてもボイトレ思考ー第4夜ー

選挙が…来る…! なんて、ちょっとロマサガ3のトレードを知っている方には風を吹かせてみます。 (わかる方にしかわからなくてすみません)

« 1 3 4 5 »
PAGETOP