あなたの声と姿勢をデザインする|大阪|奈良|和歌山|三重|全国|

ボイスデザインとは

「声は、変えられる。あなたの武器になる。」

 

スーツは戦闘服、声は強力な武器。

 

「自分の声が嫌い」

 

そう思っている方が多数いらっしゃいます。
ではどんな「声」なら好きになれるのでしょう?

 

「あの歌手のような声になりたい」
「あのキャラクター(声優)のような声が理想」

 

話す声、歌う声。
どちらも声なのに「自分の歌声が嫌い」という方も多いのです。

声帯は筋肉でできています。
なので、声も「鍛える」事が出来るのです。

 

では「声帯」だけ鍛えれば「良い声」になれるのでしょうか?

 

貴方は「痩せたい!」と思うときに、腹筋だけを鍛えますか?
歩いて大殿筋や太ももの筋肉を引き締め、二の腕のぷよぷよを退治し、僧帽筋をほぐして背中の余分な肉も落とそうとするでしょう。

「声」も同じです。
声帯を鍛えるためには、それに繋がる表情筋や、背筋、腹式呼吸を支えるための腹筋も総合的に意識しないといけません。また、顔の骨格や体型の違いで、声の出し方は変わってきます。

 

小さな頃からずっと聞いていた「タラちゃん」の声(貴家 堂子さん、現在77歳!)。
ずっと変わってないと思えますが、声優さんは確実に年齢を重ねてらっしゃいます。
けれど、聴いている私達にはなんの違和感もありません。

 

 

そう、声の老化は防ぐことができるんです。

 

 

高齢者の亡くなる原因の上位に必ずランクインする「肺炎」。
これは「誤嚥性肺炎」といった「嚥下障害」によるものから引き起こされる事が多くあります。

この「嚥下障害」を防ぐトレーニングも、実は「声を鍛える」ことで可能なのです。

表情筋を鍛えれば小顔になれる!という記事もよく見かけます。
声を鍛えるということは、同時に表情筋も鍛えることになりますので、声を鍛える=小顔になるという結果も!

 

「嫌いな声」を「好きな声」に。
「好きな声」を「大好きな声」に。

 

貴方の素敵な「声」そしてそれを保つために必要な「姿」「話し方」を一緒に作り上げていきましょう。

 

ボイスデザインとは

従来の「大きな声を出す」「発声練習をする」といったボイストレーニングとは違い、呼吸と発音の使い方を知る事で、周りに「聴こえる声」を変える方法。
似合う服を選ぶように、言葉の置き方(発音・音量・間隔)を貴方に合うように「選ぶ」だけ。
貴方の見た目やキャリアに似合う、魅力的な「声」をコーディネートします。

 

学生さんは
→学校で、皆の前で発表する、文化祭の司会を担当する、YouTubeで動画を配信する。
そんな時、やたらと「あのー、えっとー」を連発していませんか?
どうすればすっきりスマートで自信を持った話し方が出来るのかをお教えします。
先生の評価も、同級生の心もがっちり掴むことができますよ。
面接の対策にもなります。

社会人の方は
→朝礼で発表する、会議で発言する、営業でプレゼンをする。
スーツはバッチリきまっているのに、声はボソボソ、何を言っているのか分からない。
企画を説明していたはずが堂々巡り。どこが着地点か話しているうちに分からなくなる。
それは「声を出して説明する」経験が不足しているからなんです。
上司の評価も、同僚の羨望も手に入れるための練習方法をお教えします。
昇進面接にも、大いに役立ちます。

経営者の方は
→経営者の集まりで話すことがある、社員に訓示を行う、大事な商談がある。
「社長」「代表者」という立場なのに、声はいつも自信なさげ…。
自社の良いサービス、良い商品をもっと知ってもらうには、社員に「社長は凄い!」と感じて貰うには。
ただ怒鳴れば良いというものでもありません。いかに「声に説得力を持たせるか」が重要です。
社員の士気向上にも、繋がります。

主婦の方は
→PTAの役員になった、自治会の役がまわってきた、子どもの受験の面接に同席する。
そもそも何をどう話すのか分からない、原稿がないと不安でしょうがない、原稿があっても上手く読めない。
それは「出来ない」という思い込みがそうさせているだけです。
誰でも読める、簡単な原稿を読む練習をするだけ。
あれだけ不安だったことが解消され、言葉が口からするすると出てくるようになります。
自信がついて、前向きになれます。

起業家の方は
→ビジネス系コンテストでの登壇、起業家の集まりで1分間自己紹介、金融機関に事業の説明を行う。
自信を持って話しているのに、何故か上手く伝えらた気がしない。
熱意だけが空回りして、事業の魅力を上手く説明できないのは、自分以外にも分かる形での「言葉」に落とし込めていない状態です。
「声がきまる」ことで、相手に応じてそのトーンを使い分けることができ、自分の世界観に巻き込んだ話し方をすることができます。
先が楽しみな起業家だ、と言われるようになります。

立候補予定・議員として活動中の方は
→議会で質問する、支持者に演説を行う、有権者の話を聞く。
「議員」「立候補者」という立場なのに、話せばいつも途切れ途切れ。結論がどこか分からない。
口癖だけが目立ってしまい、人柄や魅力が伝わらない…。
ご自身や政党の政策を理解してもらうには、分かりやすく伝えるには。
大声で訴えかければよいというものでもありません。いかに「有権者の理解を得られるか」が重要です。党内や支援者の団結力にも、繋がります。

 

詳しくはお問合せ下さい

会社名(屋号)
お名前必須
ご住所
お電話番号
メールアドレス必須
お問い合わせの種類必須
お問い合わせの詳細必須


TEL 0745-23-7337

PAGETOP