どうにかしたい声のこもり。こもっているってそもそも何?

「声がこもる」というお悩みを、数多く伺います。「声がこもっている」のはどんな状態で
しょう?イメージでお伝えすると、「洗面器を顔の前にカポっと被せて話す」感じ。
確かにその状態だと声もこもってしまいますし、何を話しているか分からないですよね。

むかしの合唱部では「バケツに顔をつっこんで練習!」というのを聞いたことがあります。
その理由は「自分の声を自分でよく聴く」だとか。

自分の声を自分で聴けていない、聞こえるとこもりが改善される

自分の声がどんな声で相手に聴こえているか、正確に把握している人は少ないです。スマホ
の動画などで自分の声を聴くのが嫌…あれは、普段の自分の声が聞こえていないからです。

・聞こえない理由「気道音と、骨導音」

声がこもる理由

色んな理由がありますが、一番大きな理由は「口が開いていない」こと。
口の中だけでぼそぼそと話しているので、洗面器被ったような聴こえ方現象が起こります。

 

他にも

  • 舌が動いていない
  • 姿勢が悪い
  • 呼吸が浅い
  • 恥ずかしくて無理

等々…。
そんなことは分かってる!けれどどうにかしたい!という方のために、今すぐできる練習法をお伝えします。

母音(あ・い・う・え・お)だけで話す

「声がこもる」「大きな声が出ない」の共通した原因は「息が足りていない」ということ。
では深呼吸~!はもう聞き飽きましたよね?
というわけで、しっかり息は吸った!という大前提のもと、どうすればその息を効率よく出せるのか

 

例えば「ありがとう」という言葉。
これを例題にいってみましょう!

 

この当たり前の言葉を大きく、ハッキリと伝えるには

 

ありがとう→あいあおう

 

とまずは「母音だけ」で発音する練習をしてみてください。

気を付けることは、口を大きく開けること

口先だけで発音しないように、また一文字に対して一秒はかけて、しっかりと口(唇)を動
かして発音してくださいね。そりゃあもう大袈裟なくらい!

母音だけでの発音で大きな声を出そうとすると、意外と息を消費します。
特に意識するのは最初の「あ」

この「あ」の声が「小さい」「勢いがない」と後に続く「りがとう」も推進力を失った紙飛
行機のようにヘロヘロと発音が流れてしまいます。
飲食店で「すみませーん!」というのがなかなか店員さんに届かない…!という場合も同様
です。

すみません→ういあえん

 

口を大きく開ける=母音を意識する

私の、名前は、栗本薫、です→ああいお、ああえあ、ういおおあおう、えう

 

これをゆっくりと、一文字ずつハッキリと言えるように練習してみて下さい。
何度も言いますが一文字に対して一秒はかけて、しっかりと口(唇)を動かして発音して下さい。

そしてとっても大事な子音の役割記事はこちらから(後日別記事にてご紹介します)
これが出来るようになれば、周りの方に伝えられます。
さぁ皆さん、レッツトライ!

会社名(屋号)
お名前必須
ご住所
お電話番号
メールアドレス必須
お問い合わせの種類必須
お問い合わせの詳細必須