アメンボ赤いなあいうえお

と、突然娘に話しかけられました。

 

「浮き藻に小エビも泳いでる?」

 

返した私に
「なんで知ってんのよー!!」
レッツ逆切れ(笑)

 

いやいや、本気でキレたわけでもないようです。
学校に劇団の人が来られて、発声練習を習ったそう。

 

「柿の木栗の木かきくけこ 啄木鳥コツコツ枯れケヤキ」

 

と、続けるとどんどんノってきました。

 

娘「で、なんで知ってるん?」
私「おかーさん、小学校で3年間演劇部やってん。最後部長な。」
娘「え、今の小学校演劇部無いで?」(3代で同じ小学校出身です)
私「なくなったんやなぁ。オカンの頃は、あってん。」

 

特に話し方教室やアナウンススクールに通ったことはありませんので、アメンボ~から始まる発声練習は小学校の時が最後。
意外と覚えているもんですね。

 

ただ言えれば良いってもんじゃない

どんどん読み続けていく娘ですが、ちょいちょい言葉が流れます。

 

「ただ読めばいい、言えれば良いってもんじゃないよ。わざわざ言いにくい発音を並べてあるのにも意味があるんやで。」

 

えーめんどくさーい。
なんて言いながら、宿題のために自室へ戻っていきました。
そりゃぁ、きれいな発音で話すことに対して、重要性がとくに感じられないお年頃。
学校でなにか発表があるときにはまた相談してくるでしょう(笑)

 

そもそも「ボイトレ」に必要性を感じない。
そんな方がほとんどです。
ぶっちゃけ、日頃の会話ができれば確かに必要ないといえば、ないですよね(笑)

 

ただ、もし。

・お子さんの滑舌に悩んでいる
・あやしい発音をいつも誤魔化している
・会話は大丈夫だけど、発表になると口がまわらない

なんてことがあれば、いちどお試しでも受講してみてくださいね。
「こんな簡単なことで!?」
という解決法が、あるかもしれません^^
気になる方は、お気軽にご相談ください。

会社名(屋号)
お名前必須
ご住所
お電話番号
メールアドレス必須
お問い合わせの種類必須
お問い合わせの詳細必須