津軽海峡冬景色

歌を歌い始めたのは、3歳の頃。
5歳の頃、夜な夜な父に連れられて通っていたのは、酒場(スナック)でした。
当時、最初に覚えた歌が
「津軽海峡冬景色」
父が買ったギターの楽譜に、載っていた曲でした。
(となりのページは「くちなしの花」)

 

まだ当時珍しかったカラオケ(父も歌好きで、自分でカラオケの機械を行きつけのスナックに自費で導入)で、幼稚園児が歌う津軽海峡冬景色。
そりゃー近所のおじさまおばさまが喜んで下さること!!(笑)

ティッシュにくるんだ千円札。
いわゆる、おひねり。

 

ポケットいっぱいに持って帰っていたのを思い出します。
(もちろん、帰ったら母管理。)
思えば、あれが一番最初に「歌で稼いだ」記憶です。

 

当時は決して上手ではなかったはず

そう、いくら歌が好きとはいえ幼稚園児。
特に音楽的な何かを習っていた訳でもありませんでした。

 

ただ、一生懸命歌っていた。

 

それだけだったのですが、「こんな小さな子が演歌!!」という珍しさもあいまって、皆さん喜んで下さったのだろうなと今なら分かります。
人の心を動かすものは、決して「上手」というだけではないのだと、自分に思い返させてくれる大切な思い出だったり。

 

その後
「くちなしの花」
「ルビーの指輪」
「てんとう虫のサンバ」
「待つわ」
などを覚え

小学校3~4年あたりからは中森明菜の曲を歌いまくっていた記憶があります。
(ええ、もちろんスナックで。今なら条例違反ですね(笑))

 

演歌の手拍子も、そこで覚えました。
スナックのママさんやお姉さんはいつも優しくて、飲んでいるおっちゃん達は、いつも楽しげでした。

 

そう考えると、マイクの使いは、年季入ってます!(笑)

 

その後、小学校高学年で合唱部へ。
5年生で、NHK合唱コンクール奈良県大会金賞。
その時の写真は、今でも母校に飾られています。

 

 

 

会社名(屋号)
お名前必須
ご住所
お電話番号
メールアドレス必須
お問い合わせの種類必須
お問い合わせの詳細必須