ボイスデザインとは

従来の「大きな声を出す」「発声練習をする」といったボイストレーニングとは違い、姿勢と呼吸と発音の使い方を知る事で、周りに「聴こえる声」を変える方法。
似合う服を選ぶように、言葉の置き方(発音・音量・間隔)を貴方に合うように「選ぶ」だけ。
貴方の見た目やキャリアに似合う、魅力的な「声」をコーディネートします。

詳細はこちらのページをご覧ください♪

 

ボイトレと話し方って一緒でしょ?

セミナーではいつも最初に『ボイトレ(ボイスデザイン)と話し方教室の違い』をお話しています。
もちろん「話し方」も大切。
人と話すのが苦手、前に立つと緊張する、という方は最終的に「話し方」というところにたどり着くと思います。

 

ところが、巷では

 

「まず話し方を学んでから、声の出し方を学びにいきます!」
という方がものすっっっっっっっっごく多いのです。

 

ちょっと待ったーーーーー!!!!(古)

 

「話し方」ってことは「話す」んですよね?
「話す」ってことは「声を出す」んですよね?

 

順番的にはこっち(声を出す方)が先ですよーーーー!!!!

 

先ほど書いたように
「人と話すのが苦手、前に立つと緊張する」という方は
「こういう話し方をすれば相手に悪印象を与えませんよ」というスキルを学びたい!
という方が多い印象です。

 

「上手に話をしたい」と思う方は、プレゼン講座などに行かれる事も多いでしょう。

 

どっちにしても、声を出すんです(笑)

 

声の出し方を学ぶと、話し方まで上手くなる

意外ですか?
おそらく栗本のセミナーを受講して下さった方にはお分かりいただけるかと思います。

「あのー」
「えー」
を言わなくなったり、

「緊張して途中で何言ってるか分からなくなる事」
が無くなったり。

 

コンペ発表で決勝に残って本選へ進まれた方も!!!
親・子の片づけマスターインストラクター 加藤真由美さん

 

結果、出します!

もちろん、継続で通ってくださる方の方が多いのですが
基本1回の受講であっても、結果は出させて頂きます!

 

味付け(話し方)を引き立たせる素材(声)

本来、逆じゃないの?と思った方。

 

正解です!!!

 

素材(声)を引き立たせるのが味付け(話し方)、が本来です。
ところが皆さんどうしても「魔法の調味料」を探してしまいがち。

 

まずは、素材を育てるところから始めませんか?

 

・植えて(姿勢整えて)
・水あげて(呼吸学んで)
・肥料あげて(発音を良くする)

 

大輪の花(声)を咲かせましょう!!!

 

 

 

会社名(屋号)
お名前必須
ご住所
お電話番号
メールアドレス必須
お問い合わせの種類必須
お問い合わせの詳細必須