こんにちは!株式会社のぎす栗本です。
重度知的障害・自閉症・多動傾向を抱える息子「ともくん」(中3)と定型発達の娘「あーちゃん」(中1)と実母、そして猫3匹と暮らしています。
障害児を明るく育てる方法は、定型発達のお子さんにも有効な事が多いと感じています。「これはうちの子に使えそう!」と思った事は是非試してみて下さいね。

とうとう3年目突入!

このコラムも3年目に入りました。栗本家のドタバタの日々が、少しでも皆様のお役に立てるようであれば、幸いです(笑)

昨年度の1回目(4月)にはPTAの事を書いたと記憶しています。栗本も、この4月(正式には5月の総会)から、PTA会長2年目が始まります。「え!?去年会長してたん!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。はい、実は息子の通う養護学校では、31年度からいわゆる「当たり年」がやってきます。単Pと呼ばれるその学校のみの運営だけでなく、全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会(略称全知P連)、近知P連、県知P連、高P…と、まぁ色々な組織のお手伝いやらなんやら回ってくる年回りが3年ほど続きます。その中で、ある程度長期でPTAに関われる人…という白羽の矢が立ちました。

 

春になるとPTA関連のニュースが増えてきます。

やたらとデメリットばかりが目に付きますが、「お?と思う記事を見つけたよー!」と友人からLINEが。

【アップル公式サイト】

https://www.apple.com/jp_edu_1460/shop/browse/open/salespolicies/edu

 

もともとAppleでは、教育目的として割引きで機器の提供を行なっています。

条件はもちろん、学生の方…………ん????

 

PTA役員もOK!?

しかも、選出されて活動が決定していれば、まだ現状(年度が替わるまでは)役員じゃなくてもOKと!?

 

いや、なんだかAppleすごいです。

 

ただ、2019年の割引き期間は、4月3日までだそうです。
(このコラムが公開される頃には終了しているかもしれません)

 

詳しくはこちらのサイトにありました

【2019学割】Appleオンラインストアの学割(学生・教職員価格)はPTA役員も可!2019学割はMacで18,000円分,iPad Proで12,000円分のApple Storeギフト

 

割引期間が4月の頭までなので、選出・活動決定段階でもOKなんですね。

割引きだけではなく、ギフトカードも貰えるそうなので、対象だ!という方は、是非検討されてはいかがでしょうか。

うちも息子のipadがそろそろ危ないので、来年度には真剣に考えたいと思います。