あなたの笑顔にあかりをともす!*アカリトモス*プレゼンター 栗本です。

 

めずらしく更新の間隔があいてしまいました。
夏休みに入ると、息子のお迎え時間が学校に行くより2時間遅く、送りは2時間早くなります。
都合4時間仕事時間が減りますので、空いた時間に必死に色々詰め込む日々です。

 

 

健常(定型発達)児の夏休みでも大変ー!!
なのですから、障害児の夏休みはなかなかに大変です。
中には、夏休みまるまる「お仕事に行けない…」なんてお母さんもいるのでは?と思います。

 

 

毎日毎日わが子を眺めていると、どこがどう成長したか分かりづらいところもありますが
年単位で見ると、「あ、確かに成長してるよな」というところはたくさんあります。

 

 

よく
「こういう時はどうしたら?」
「ああいう時はどう声かけを?」
といったご相談をお受けします。

 

 

 

その際、必ず「それまで、その行動にどのように対応されてきたのか。」を伺います。

 

 

 

本人も成長しておりますので、対応(支援)も成長させないといけません。
ずーっと同じ事を言い続けてきたけど、最近は聞かなく(効かなく)なってきた!

 

 

 

それは、チャンスです!!

 

 

 

例えば道路への飛び出し。
危ないです、危険です。
最初は「危ない!!」と必死で止めていました。
信号を見る概念がありませんでしたので(青でも赤でも一緒。電気ついてるだけ!認識)
まずは、「お母さんと手をつなぐ」ところからスタートしました。

 

 

 

一人で飛び出していかない為に、飛び出すに×。手をつなぐに○。
(×を出す時は必ず○をワンセットに!)

 

 

さて、手をつなげるようになってようやく信号の概念です。
「赤は止まれ。青は右左をよく確認して横断歩道を渡る。」
もちろん、重度の知的障害児、そんな簡単に分かるもんじゃーありません。
一緒に何度も

 

「あかは?」
「いくー!」
「ちがうよー。あかは?」
「とまる?」

のようなやり取りを繰り返しました(実際には「止まる」とか言えませんでしたから、ええ。「る」とかだけです。)

 

 

 

そこから、やっと「危ない」とか「車には勝てない(スーパーマンじゃないから)よ。」とか「車の人にも迷惑だよ」とか
徐々に「このルール」に必要な「説明」を少しずつ追加していきます。

 

 

最初から「おまわりさん来るよ!!」はもちろん通用しません。
(むしろ来たら制服姿に喜んでしまう可能性アリ)

 

 

これがもっと大きくなって、おまわりさんのお世話になる事がよろしくないよ?というのが分かるようになれば
ようやく「使える言葉」になると思います。

 

 

軽度知的や、知的に遅れのない発達障害のお子さんで、かなり言葉でのコミュニケーションが取れる場合
「別に俺、車に勝てるしな!(本当にそう思っているかどうか不明)」とか言われる場合があります。
そんなときは「警察がくるぞー!」くらいの方が本人にも効く場合があるかもしれません。

 

もちろん、実際には事故をすると自分が危ないぞ、とか先に散々伝えた後の話です。
(最初からこれを言うのは、小さいお子さんにスーパーで「店員さんに怒られるよ!」とか言って
周りをもやっとさせているのと同じ行為です。)

 

 

同じような行為でも、相手の成長に合わせて、こちらの支援の方法も変えていかなければなりません。
「どうせあんまり成長してないし」
と支援の方法もそのままだと、どこかでお互いのストレスが爆発します。

 

 

夏場は特に暑いので、イライラしがちです(笑)
落ち着いて、自分のお子さんの様子(今がどのくらいの発達位置にいるのか)を観察してみて下さいね。

 

 

☆講演会・セミナー予定☆

8月17日(木)3か月連続セミナー③「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

 

□講演会・セミナーのご依頼□

「明るいオカンの作り方~起業までの道のり」
「明るいオカンの暮らし方」
「こどもの将来を見据える障がい児への関わり方栗本家の場合」
「小学校は地域と支援(養護)どっちがいいの?」
「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」
1講演1~2時間くらいで内容の時間を調整致します。その他、ご希望内容・講師料につきましては
下記までお問い合わせ下さい。

 

□個別相談・グループ相談□

・発達の気になる子どもや家族がいる
・配偶者の協力を上手く引き出したい
・入園・入学前だけど不安
・どこに相談して良いかわからない
・先生とどう話していいのかわからない
・子どもの障がいを誰にも話せない
・我が子のクラスの発達障害の子への対応、どうすればいいの?
・とにかく話を聴いてほしい!

等々。近しい人には話せないけれど、とにかく誰かに聴いてほしい!
障がい児を育てる明るいおかん栗本が、今までの経験に基づく形で、発達障がい児との関わり方の相談(保護者との関わり、地域との関わり)
個別相談、グループ相談会でアドバイスを行います。
お子さん以外で、ご家族との関わり方にお悩みの方もお話を伺います。守秘義務厳守。

 

 

-個別相談にお越し頂いた方に感想を頂きました-

・1人で苦しんで、誰かに助けを求める親御さんは沢山いると思います。私も栗本さんに出会うまではそうでした。
是非、これからも今苦しんでいる親御さんの助けとなって欲しいです。
・自閉症と診断されたばかりで右も左も分からなかったとき、頂いたアドバイスで吹っ切れて子どもと向き合う事ができました。
あの後地域の小学校の普通級に通い、もうすぐ卒業です。本当にありがとうございました。

-------------------------------------

お気軽にお問合せ下さい。
遠方の方、都合により外出の難しい方は、スカイプ等での相談も承ります。

相談料:1時間 3,000円(税別)
(直接お越しいただけない場合は事前にお振込をお願い致します)

 

☆もこもこアート®イベント出店予定☆

8月6日(日)WFCワクワク夏フェスタ! 奈良市・イトーヨーカドー

8月20日(日)第1回奈良アート&てづくりフェスティバル 五條市・シダーアリーナ(上野公園内総合体育館)

8月27日(日)なんとカンファレンス ぷろぼの福祉ビル

 

☆司会・その他☆

7月5日(水) 下市町(詳細は後日)
11月25日(土)con brio コンサート 橿原文化会館小ホール

 

 

 

 

お問い合わせ
〒635-0081 奈良県大和高田市高砂町2-1サンライズビル1F
株式会社のぎす Tel:0745-23-7337 Fax:0745-23-7338
メールフォームはこちら