台風って来てたっけ?な大和高田市です。
蒸しあっついですねー!

今日は、たまに書いています「子育て記録」ならぬ、「育てられ記録」をお届けする番外編。
世の中にはどーしようもない事が存在すると、徐々に自分の中に浸透してきた記録になります。

 

 

母は、非常に「常識」にうるさい人でした。
自分の思う「常識」に当てはまらないと、イライラしてしまって大変な人でした。

 

 

そりゃーもう武勇伝的な話は山のようにありますが、そのあたりは今回は割愛します(笑)

 

 

不眠症→統合失調症→双極性障害を経て、現在は寛解(服薬は継続中)状態の母。
目の前の事にはこだわりますが、大きく物事を捉える事が苦手です。

基本的に常に自分は注目されていると思っています。
常に、自分の事を周りはうらやんでいると思っています。

 

自分は○○だと思われている!
あの人は間違いなく○○だと思っている!
と、断定したがります。

 

自分自身が一番型から外れた人間であるにも関わらず他の人を型にはめたがります。
そして、ほぼ何かしら二つに分類します。
善か悪か、良いか悪いか、男か女か、是か非か、肯定か否定か、等々。

 

明らかに常識から外れた言動を指摘すると
「あんたおかしいんちゃう?病院行ったら?」

 

と言われます(割に日常茶飯事です)。

 

 

出した物(ハサミ、包丁、ラップ、まな板等)は元の場所にしまいません。
少し野菜を洗っただけのザルやボウルも、流しにおいて、更に上から残飯を捨て、油まみれで放置します。
もちろん、基本的に洗い物は「嫌いだから」やりません。
掃除も「私目が悪いからホコリ見えないし」やりません。

 

基本的に「自分のルール」を通す為に、「他人のルール」は尊重しません。
「自分のルール」を通す為であれば、「自分の世界の理屈」を持ち出してかみついてきます。
そして「自分のルール」を通させない人こそが、「悪」であり「間違い」であると決めつけます。

 

 

 

そんな母と付き合い続けて約40年。
実の母親ですし、もう慣れたので、何かあったら思いっきり言い返しています(笑)
病気扱いされようが、なんであろうがお構いなし。
「どーせ口ではあんたに勝たれへんねん!!」

 

と捨て台詞で終了します。

 

 

皆さんのドン引きが目に浮かびます(笑)
「よく平気だね!?」とよく、言われます。
元々平気だったわけではありません。
平気になってきたんです。

 

 

人間は「慣れる」生き物です。
それが「日常」であれば致し方ありません。
この母親の元に生まれてきたのも運命だと思えば、まぁ仕方ないか、とも思えます。

 

 

最近ではむしろ「次はこの人何を言うんだろう?」と楽しんでいるフシさえあります。
発言がたくさん収穫できたら、ブログのネタにしよう!とか(笑)

 

 

どんな環境に居ても、覚悟を決めて開き直れるか。
(何せ親なのでどーしようもないです)

 

 

 

目の前の母親が大変!!!
から
これを次は何に繋げてやろう?
への変化。

 

 

 

どんな事も同じだと思います。
目の前の仕事。
目の前の対人関係。
目の前の○○。

矛盾に対して、正論で向かわず、
矛盾に対して、矛盾で向かう。

 

「どーして分かってくれないのよ!」

と、嘆く前に。

 

「分からなくて当たり前。きっと文化圏が違うんだよ!(にっこり」
くらいの余裕を持つと、気がつけば貴方も底抜けに明るいオカンになっていると思います^^

 

 

☆講演会・セミナー予定☆

6月22日(木)3か月連続セミナー①「明るいオカンの作り方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

7月10日(月)「明るいオカンの作り方 ハナまな特別バージョン」 ハナまな 橿原市川西町 シルクの杜 New!

7月13日(木)「明るいオカンの作り方」 たかまち 暮らしのレッスン 高取町・夢創館

7月20日(木)3か月連続セミナー②「明るいオカンの暮らし方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

8月17日(木)3か月連続セミナー③「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

 

□講演会・セミナーのご依頼□

「明るいオカンの作り方~起業までの道のり」
「明るいオカンの暮らし方」
「こどもの将来を見据える障がい児への関わり方栗本家の場合」
「小学校は地域と支援(養護)どっちがいいの?」
「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」
1講演1~2時間くらいで内容の時間を調整致します。その他、ご希望内容・講師料につきましては
下記までお問い合わせ下さい。

 

□個別相談・グループ相談□

・発達の気になる子どもや家族がいる
・配偶者の協力を上手く引き出したい
・入園・入学前だけど不安
・どこに相談して良いかわからない
・先生とどう話していいのかわからない
・子どもの障がいを誰にも話せない
・我が子のクラスの発達障害の子への対応、どうすればいいの?
・とにかく話を聴いてほしい!

等々。近しい人には話せないけれど、とにかく誰かに聴いてほしい!
障がい児を育てる明るいおかん栗本が、今までの経験に基づく形で、発達障がい児との関わり方の相談(保護者との関わり、地域との関わり)
個別相談、グループ相談会でアドバイスを行います。
お子さん以外で、ご家族との関わり方にお悩みの方もお話を伺います。守秘義務厳守。

 

 

-個別相談にお越し頂いた方に感想を頂きました-

・1人で苦しんで、誰かに助けを求める親御さんは沢山いると思います。私も栗本さんに出会うまではそうでした。
是非、これからも今苦しんでいる親御さんの助けとなって欲しいです。
・自閉症と診断されたばかりで右も左も分からなかったとき、頂いたアドバイスで吹っ切れて子どもと向き合う事ができました。
あの後地域の小学校の普通級に通い、もうすぐ卒業です。本当にありがとうございました。

-------------------------------------

お気軽にお問合せ下さい。
遠方の方、都合により外出の難しい方は、スカイプ等での相談も承ります。

相談料:1時間 3,000円(税別)
(直接お越しいただけない場合は事前にお振込をお願い致します)

 

☆もこもこアート®イベント出店予定☆

8月6日(日)WFCワクワク夏フェスタ! 奈良市・イトーヨーカドー

8月20日(日)第1回奈良アート&てづくりフェスティバル 五條市・シダーアリーナ(上野公園内総合体育館)

8月27日(日)なんとカンファレンス ぷろぼの福祉ビル

 

☆司会・その他☆

7月5日(水) 下市町(詳細は後日)
11月25日(土)con brio コンサート 橿原文化会館小ホール

 

 

 

 

お問い合わせ
〒635-0081 奈良県大和高田市高砂町2-1サンライズビル1F
株式会社のぎす Tel:0745-23-7337 Fax:0745-23-7338
メールフォームはこちら