今日は雨が降ったりやんだりの大和高田市です。

 

 

さきほど、近所の保育園の楽器の練習がうるさいから…という理由で
包丁を持って怒鳴り込んだ会社員(50代)のニュースを読みました。

 

 

毎年、5~6月あたりは、不安定な人が急増します。
某芸能人さんあたりも、ブログで世間を騒がせてらっしゃるように
「自分の事はとりあえず棚に上げて」
相手を公の場で批判したり、糾弾する、という事案の相談が多い2か月間でした。
もちろん、7月中まではそういった事が続きますので、まだまだ気が抜けません。

 

 

何かを「言う」方は、「言いっぱなし」なので、あんまりダメージはありません。
それを「聴く」方は、「言われっぱなし」だと、その後のダメージが大きくなります。

 

 

言わなくていい事を「言ってしまう人」は、自分が相手の立場だったら?というのを想像できていません。
言わなくていい事を「言わないようにしている人」は、相手の立場を想像している事がほとんどです。

 

 

 

息子が4~5歳の頃、近くのスーパーで買い物をして、レジに並んでいました。
大きさはそこそこある息子が、訳のわからない言葉(にもなってませんが)を発する姿を見た
後ろに並んでいた初老の女性が、突然声をかけてこられました。

 

 

 

「この子大丈夫?病院いった方がいいんじゃない?」

 

 

 

もう診断うけてますよーと思いつつ、「そーですねー」と流して終わらせました。

 

 

今まで、母親(精神疾患を抱えています)や、その他もろもろで、外で色んな事を言われてきましたので
元々外出する前には色んなシミュレーションをしていました。

 

「こう言われたら、ああ言い返そう」
「こういう風に言われたら、これを見せて反論しよう」

 

等々、割と万全の体制?で外出していた事を覚えています。

 

 

もしかしたら、その方のご親族に障害を持ったお子さんがいて、心配してくれたのかもしれない。
もしかしたら、自閉症とか知的障害とか身近に全くいなくて、びっくりして思わず声をかけたのかもしれない。

 

 

何故か、失礼な事を言われたこちらの方が、相手の立場を想像して納得するという矛盾(笑)

 

 

今はネット社会です。
これまでだと、居酒屋や、家の中、どこか限られた場所でしていた「与太話」を
インターネットでいきなり全世界に配信できる世の中です。

 

 

自分の考えを表に出す事にも、抵抗感がない人たちが増えたように思います。
(だからこそ、栗本も講師活動をしているのですが)

 

 

「ここだけの話」

 

として、言える言葉。
それを、公衆の面前で叫んでいるのと変わらないネット投稿。
本人は画面に打ち込んでいるだけですので、「ここだけの話」かもしれません。
しかし、一旦ネットに載せてしまうと、本当に「消えない言葉」となってしまいます。

 

 

 

ほんのちょっとした言葉で、お母さんたちは傷ついて、外に出られなくなったりします。
障害児を連れて、外出するのが怖くなります。

 

 

「そんな事を言う人なんて気にしなくていいよ」

 

 

そうは言われても、気になるのが人間です。
そして、「そんな事」を言ってしまうのも、人間です。

 

 

 

私の母は、結構そういった「言ってはいけないこと」を言ってしまいます。
何度注意しても、何度説明しても、薬を飲めば忘れてしまいますので、堂々巡りです(笑)

 

 

言われても気にしなくなった私と違い、娘はそういうわけにいきません。
とはいえ、母をどうにかする事は、ほぼ不可能です。

 

 

小学生から大変な事を背負わされてる娘ですが、そこはきちんと説明しています。
「ばあばは、分かっているけど、分かる事を維持できないんだよ」と。

 

 

 

 

健常者だって日々大変だ!どうして障害者にあわせて、気を遣って、配慮ばかりしていかないといけないのか!!

 

 

 

ご尤もです。
だからこそ、障害を抱えた側も、「障害だからしょうがないでしょ!?」ではなく
「ご迷惑をおかけしたら、指摘して下さい。」
くらいの配慮が必要だと思うのです。

 

 

 

言ってはいけない事。
言わせてはいけない事。

 

 

 

どちらも、同じように配慮する事で、もう少し許容範囲の広い社会を作れるのではないかと思っています。

 

☆講演会・セミナー予定☆

6月22日(木)3か月連続セミナー①「明るいオカンの作り方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

7月10日(月)「明るいオカンの作り方 ハナまな特別バージョン」 ハナまな 橿原市川西町 シルクの杜 New!

7月13日(木)「明るいオカンの作り方」 たかまち 暮らしのレッスン 高取町・夢創館

7月20日(木)3か月連続セミナー②「明るいオカンの暮らし方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

8月17日(木)3か月連続セミナー③「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

 

□講演会・セミナーのご依頼□

「明るいオカンの作り方~起業までの道のり」
「明るいオカンの暮らし方」
「こどもの将来を見据える障がい児への関わり方栗本家の場合」
「小学校は地域と支援(養護)どっちがいいの?」
「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」
1講演1~2時間くらいで内容の時間を調整致します。その他、ご希望内容・講師料につきましては
下記までお問い合わせ下さい。

 

□個別相談・グループ相談□

・発達の気になる子どもや家族がいる
・配偶者の協力を上手く引き出したい
・入園・入学前だけど不安
・どこに相談して良いかわからない
・先生とどう話していいのかわからない
・子どもの障がいを誰にも話せない
・我が子のクラスの発達障害の子への対応、どうすればいいの?
・とにかく話を聴いてほしい!

等々。近しい人には話せないけれど、とにかく誰かに聴いてほしい!
障がい児を育てる明るいおかん栗本が、今までの経験に基づく形で、発達障がい児との関わり方の相談(保護者との関わり、地域との関わり)
個別相談、グループ相談会でアドバイスを行います。
お子さん以外で、ご家族との関わり方にお悩みの方もお話を伺います。守秘義務厳守。

 

 

-個別相談にお越し頂いた方に感想を頂きました-

・1人で苦しんで、誰かに助けを求める親御さんは沢山いると思います。私も栗本さんに出会うまではそうでした。
是非、これからも今苦しんでいる親御さんの助けとなって欲しいです。
・自閉症と診断されたばかりで右も左も分からなかったとき、頂いたアドバイスで吹っ切れて子どもと向き合う事ができました。
あの後地域の小学校の普通級に通い、もうすぐ卒業です。本当にありがとうございました。

-------------------------------------

お気軽にお問合せ下さい。
遠方の方、都合により外出の難しい方は、スカイプ等での相談も承ります。

相談料:1時間 3,000円(税別)
(直接お越しいただけない場合は事前にお振込をお願い致します)

 

☆もこもこアート®イベント出店予定☆

8月6日(日)WFCワクワク夏フェスタ! 奈良市・イトーヨーカドー

8月20日(日)第1回奈良アート&てづくりフェスティバル 五條市・シダーアリーナ(上野公園内総合体育館)

8月27日(日)なんとカンファレンス ぷろぼの福祉ビル

 

☆司会・その他☆

7月5日(水) 下市町(詳細は後日)
11月25日(土)con brio コンサート 橿原文化会館小ホール

 

 

 

 

お問い合わせ
〒635-0081 奈良県大和高田市高砂町2-1サンライズビル1F
株式会社のぎす Tel:0745-23-7337 Fax:0745-23-7338
メールフォームはこちら