今日の大和高田市は、なかなかにすごい雨です。
今回は、4月にぱ~ぷるママ+アプリに掲載された内容を、加筆してお送りします。

 

 

息子が保育所に通っていた頃、自閉症に伴う多動がきつく、ずーっと動き回っていました。
先生の机の上からペンや消しゴム、ノートなどをぱっと掴んでは走って逃げる事が日常茶飯事でした。

 

ある日、まさにそのシーンをお迎えの時に目撃した私。
万が一、ペンを持ったままこけてしまったり、よそ見をしてクラスのお友達に刺さろうものなら大変です!
思わず「こら!!」と叫んでいたのですが、その直後、先生がとった言動が意外なものでした。

 

 

「あ~はいはい!わざわざ持ってきてくれたのね~!ともちゃんありがとう~~!!」

 

満面の笑みで、息子に近づく先生。
笑顔で「ありがとう~!」と言いながら両手を出された息子は、思わず先生の手の上にペンを置きました。
机から取ってくる事で、先生の興味を引く予定だった(と思われる)息子。本人もあれ??という顔のまま、
結局ペンを持って走り回るという危険行為をせずに済みました。

 

後日、お迎えに行くと、教室にあるテレビや先生の机には白い布がかけられ、息子が興味を示すものが、息子の視界に入らないようになっていました。
「見えるとね、ついつい手を出しちゃうんですよね~!」
とこれまた笑いながら何事もないように答えて下さる先生。

毎回布をよけないとペンは机の上から取れません。
その手間よりも、息子がペンを持って走るかもしれない危険行為の予防を優先してくださった事に、感謝しかありませんでした。

 

 

当時、息子のクラスの先生は3人いらっしゃいました。
ベテランの女性の先生(満面の笑みでペンを受け取った先生)。
若い女性の先生(白い布をかけることを提案して下さった先生)。
更に若い男性の先生(走り回る息子を抱き上げて捕獲して下さる先生)。

 

 

2歳児クラスということで、例え診断書があっても加配はつけられないと市から言われていました。
(大和高田市では、原則3歳児クラスからしか加配がつきません)
ところが、偶然3名の先生方が見事な役割分担をして下さっていたクラスでした。

それ以降、家でも子どもたちが何か困った事をするたびに
「どうやったら『ありがとう』という言葉を使えるか」を考えるようになりました。

 

息子がチラシをビリビリに破れば「捨てやすいようにしてくれたのね~!ありがとう!」
娘が消しゴムをなくした!と言えば「机とベッドの下をお掃除するきっかけになったわ~!ありがとう~!」等々。
子どもたちも何かをした時に「怒られる!」「叱られる!」という感情が先立たなくなり、色々報告してくれるようになりました。

「とりあえず親に言ってみる」きっかけ作りの為にも、是非「ありがとう作戦」をお試しくださいね。

 

 

☆イベント出店予定☆

 

8月6日(日)WFCワクワク夏フェスタ! 奈良市・イトーヨーカドー

8月20日(日)第1回奈良アート&てづくりフェスティバル 五條市・シダーアリーナ(上野公園内総合体育館)

8月27日(日)なんとカンファレンス ぷろぼの福祉ビル

 

☆講演会・セミナー予定☆

 

6月22日(木)3か月連続セミナー①「明るいオカンの作り方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

7月10日(月)「明るいオカンの作り方 ハナまな特別バージョン」 ハナまな 橿原市川西町 シルクの杜 New!

7月13日(木)「明るいオカンの作り方」 たかまち 暮らしのレッスン 高取町・夢創館

7月20日(木)3か月連続セミナー②「明るいオカンの暮らし方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

8月17日(木)3か月連続セミナー③「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

 

 

☆司会・その他☆

7月5日(水) 下市町(詳細は後日)
11月25日(土)con brio コンサート 橿原文化会館小ホール

 

 

□講演会・セミナーのご依頼□

「明るいオカンの作り方~起業までの道のり」
「明るいオカンの暮らし方」
「こどもの将来を見据える障がい児への関わり方栗本家の場合」
「小学校は地域と支援(養護)どっちがいいの?」
「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」
1講演1~2時間くらいで内容の時間を調整致します。その他、ご希望内容・講師料につきましては
下記までお問い合わせ下さい。

 

□個別相談・グループ相談□

家庭の内情を皆の前では話せない。こどもの障がいをオープンにしていない。
情報は欲しいけど、家族の障がいをほかの人に知られたくない方へ。
障がい児はいないけど、明るく生きるために色んな悩みを聞いてほしい方も。
・発達の気になる子どもや家族がいる
・配偶者の協力を上手く引き出したい
・入園・入学前だけど不安
・どこに相談して良いかわからない
・先生とどう話していいのかわからない
・子どもの障がいを誰にも話せない
・我が子のクラスの発達障害の子への対応、どうすればいいの?
・とにかく話を聴いてほしい
初回:1時間3000円 2回目以降1時間2000円 遠方の方はスカイプなどでのご相談も受け付けております。

 

□講師プロフィール□
栗本薫(くりもとかおる)←某作家さんと同姓同名ですが、同一人物ではありません^^
1975年奈良県生まれ。株式会社のぎす代表取締役。
ボウリングレクリエーション用具「ころりんスライダー®」の企画・販売や、幼児・障害児(者)・高齢者を支える人が
楽に、楽しくなる商品をセレクトし、販売を行っている。
重度知的障害・自閉症・多動傾向の息子と定型発達の娘の子育て中。
障害児を育てる家族、当事者、支援者を一堂に会し、ゆる~く解決策を話し合い、情報交換を行う活動KissA-きっさーを主催。
自らの子育ての経験、精神的に不安定な家族を抱えた生活の経験から得た「明るいオカン」の生き方のヒントを伝える活動を行っている。

 

お問い合わせ
〒635-0081 奈良県大和高田市高砂町2-1サンライズビル1F
株式会社のぎす Tel:0745-23-7337 Fax:0745-23-7338
メールフォームはこちら