ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

 

方丈記からの、引用です。

現代語訳は
「ゆく河の水の流れは絶える事がなく流れ続ける状態にあって、それでいて、それぞれのもともとの水ではない。」
となります。

 

本文解釈は
「ゆく河の流れ」というのは、流れて行く河の水のことを指しています。

河が流れて行く様子を見ていると、池や沼とは異なり、とうとうと流れて行き、その水の流れは、河がなくならない限り絶えることはありません。『方丈記』の作者とされる鴨長明は、流れる河の水が、二度と戻らない事を見、「無常」という仏教の言葉と重ね合わせて、「常に同じものはこの世には無い」と強く感じて、この冒頭の文章を書き始めたと多くの人に解釈されています。 鴨長明の生きた時代は、戦乱が多く、天災や火災も多かったということが、『方丈記』の中に描かれています。 世の中に常なるものがないけれども、河の流れ自体は絶えないというある種の「歴史観」を、鴨長明は河にたとえて描きました。 「爽健美茶」のコマーシャルソングとしてよくしられる森山直太朗の「時の行方 ~序・春の空~」という歌でも「自然の移ろい」に時の流れをたくし、美空ひばりの「川の流れのように」では時の流れを河の流れにたとえていますが、これらの「時」の感覚は、鴨長明の『方丈記』の冒頭によって強く印象付けられ、鴨長明が感じた無常観は、『方丈記』によって伝えられて、現在でも、多くの文学作品に登場します。
以上、wikibooksより転載しました。

 

 

いきなりカタイ感じから始まりましたが、内容的にはいつも通りで参ります^^

 

 

子育てをしていると

「いったいいつまでコレが続くんだろう?」

と思う事が多々あります。

 

 

夜中何度も起こされた授乳。
やたらとかかるノロやらロタやらの感染症。
保育所からの急病での呼び出し。

 

 

おねしょ。
かんしゃく。
魔の2歳児のイヤイヤ期。

 

 

本当に終わるの!?と思いながらも、気がついたらもう中1(下の子は小5)。

 

 

そう、どんな事も「ずーーーっとそのまま」という事はないんです。

 

 

 

栗本は主に仏教学校出身です。
(幼稚園はカトリック、中・高・大と浄土真宗・大学専攻科でプロテスタント)
なので、「宗教」の授業で「無常」をたたき込まれて居ます。

 

 

無常は無情とは違います(よく間違われますが)。
「情がない」のではなく「常では、ない」。

 

 

 

どんなに辛い時期であっても、それが永遠に続くわけではない。
どんなに幸せな時期であっても、それが永遠に続くわけではない。

 

 

障害児を育てていると

 

「もしかして一生このままなんじゃないだろうか…」

 

 

という思いがよぎることがよくあります。
子どもが小さい頃には、特に。

 

 

 

一生喋らないのでは?
一生、意思表示できないのでは?

 

 

 

そんな事はありません。
働きかけて、手をかけていけば、必ず成長します。
(詳しくは過去記事「必ず成長します」で。)

 

 

 

今の辛さに耐えられなくても、激流に身を任せつつ、流されてみると
意外と良い場所に流れ着いている事もあります。

 

 

 

河の流れにまかせ、流れ着いた場所で芽を出す柳の木。
しなやかで、流された先で芽を出す柳は生命力が強く
実は、陰陽道的には「陽」の木とされています。
華やかに見える桜の木が、実は「陰」の木。

 

 

「陽」の木の下には「陰」の幽霊が描かれ、
「陰」の木の下で、「陽」の宴会を行なう。

 

 

 

もし、今、子育てでうちひしがれて悩んでいるのであれば
是非、笑って下さい。

もし、今、子育てて嬉しい事があって、とってもハッピーであれば
是非、自信を持って下さい。

 

 

常に同じではない。
同じように流れていても、同じ水ではない。
同じように時を刻んでいても、同じ時間ではない。

 

 

何かカベにぶつかった時は、幼い頃の子の写真を見て
「随分成長したよなぁ。」
と感慨にふけり、物事は必ず進んでいくんだ、と再認識する栗本です。

 

 

☆イベント出店予定☆

5月21日(日)つながり祭 田原本町・県営福祉パーク(無事終了!)

5月27日(土)たかまち お寺deマルシェ 高取町・光雲禅寺(出張KissA-きっさーもあります)

5月28日(日)大木の森 大淀町・吉野銘木販売(株)

6月13日(火)ダイハツビジネスフェア 奈良市・奈良ロイヤルホテル

8月6日(日)WFCワクワク夏フェスタ! 奈良市・イトーヨーカドー

8月20日(日)第1回奈良アート&てづくりフェスティバル 五條市・シダーアリーナ(上野公園内総合体育館)

8月27日(日)なんとカンファレンス 畿央大学

 

☆講演会・セミナー予定☆

5月12日(金)「明るいオカンの作り方」 下市町・カフェかてと(満席御礼にて終了!)

5月22日(月)「明るいオカンの作り方」(わいわい茶話会拡張版) 奈良市 WFC(ウィメンズフューチャーセンター)(満席御礼にて終了!)

5月27日(土)「出張KissA-きっさー」 たかまち お寺deマルシェ 高取町・光雲禅寺

6月22日(木)3か月連続セミナー①「明るいオカンの作り方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

7月13日(木)「明るいオカンの作り方」 たかまち 暮らしのレッスン 高取町・夢創館

7月20日(木)3か月連続セミナー②「明るいオカンの暮らし方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

8月17日(木)3か月連続セミナー③「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

 

□講演会・セミナーのご依頼

「明るいオカンの作り方~起業までの道のり」
「明るいオカンの暮らし方」
「こどもの将来を見据える障がい児への関わり方栗本家の場合」
「小学校は地域と支援(養護)どっちがいいの?」
「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」
1講演1~2時間くらいで内容の時間を調整致します。その他、ご希望内容・講師料につきましては
下記までお問い合わせ下さい。

 

□個別相談・グループ相談□

家庭の内情を皆の前では話せない。こどもの障がいをオープンにしていない。
情報は欲しいけど、家族の障がいをほかの人に知られたくない方へ。
・発達の気になる子どもや家族がいる
・配偶者の協力を上手く引き出したい
・入園・入学前だけど不安
・どこに相談して良いかわからない
・先生とどう話していいのかわからない
・子どもの障がいを誰にも話せない
・我が子のクラスの発達障害の子への対応、どうすればいいの?
・とにかく話を聴いてほしい
初回:1時間3000円 2回目以降1時間2000円 遠方の方はスカイプなどでのご相談も受け付けております。

 

□講師プロフィール□
栗本薫(くりもとかおる)←某作家さんと同姓同名ですが、同一人物ではありません^^
1975年奈良県生まれ。株式会社のぎす代表取締役。
ボウリングレクリエーション用具「ころりんスライダー®」の企画・販売や、幼児・障害児(者)・高齢者を支える人が
楽に、楽しくなる商品をセレクトし、販売を行っている。
重度知的障害・自閉症・多動傾向の息子と定型発達の娘の子育て中。
障害児を育てる家族、当事者、支援者を一堂に会し、ゆる~く解決策を話し合い、情報交換を行う活動KissA-きっさーを主催。
自らの子育ての経験、精神的に不安定な家族を抱えた生活の経験から得た「明るいオカン」の生き方のヒントを伝える活動を行っている。

 

お問い合わせ
〒635-0081 奈良県大和高田市高砂町2-1サンライズビル1F
株式会社のぎす Tel:0745-23-7337 Fax:0745-23-7338
メールフォームはこちら