朝の風は涼しかったのですが、時間の経過と共に「暑さ」が主張してきました。
真夏よりは過ごしやすい今の時期に、出来る事をやっておかねば!と気持ちだけが焦る日々です。
(要領悪いので、なかなか前に進まないのも自覚しています(笑))

 

 

ありがたい事に、KissA-きっさ-は、毎回20名を超える方にご来場頂いております。
多い時は35名を超え、わちゃわちゃした楽しい会となっております。

すでにご存じの方も多数いらっしゃいますが、最近KissA-きっさ-を知って下さった方向けに
KissA-きっさ-の事を少しだけ。

 

 

KissA-きっさ-は従来の『親の会』の受け皿的活動で
「障害児(者)の保護者・家族、大人になってから発達障害と診断された方、支援者(事業所・個人含む)が情報交換をする場」
という位置づけになります。

 

 

元々栗本には、お子さんが「自閉症です」「発達障害です」と診断されて、
「このままこの子の手をひいて線路に…」というお母さん(お父さん)をなんとか支援したい。
掬い上げたい(救うではなく、掬うです)という想いがありました。

 

 

そこに偶然、某支援学校の先生が「生駒で保護者を支援するこんな取組み(過去記事参照)がある。同じ事を奈良県南部でも出来ないだろうか。」と
のぎすにお話を持ち込んで下さいました。

 

 

 

生駒市での前例の理念「役員のいらない親の会」という考え方に「これだ!!!」となり、始まったのがKissA-きっさ-です。

 

 

 

 

たのしくおしゃべりをしながら情報交換をする。
KissA-きっさ-の中の時間に講座、講演などを入れていないのは、出来ていないという理由もありますが
やはり「おしゃべりする」時間を大切にしたいと思っているから、というのもあったりします。

 

 

 

 

昨日、PTA役員のお仕事で、高P(奈良県高等学校PTA協議会)の特別支援教育部会と
県知P(奈良県特別支援学校知的障害教育校PTA連合会)の総会に出席して参りました。

名前はカタいですが、実際はとてもなごやかな雰囲気で行われた会合でした^^

 

奈良県内の養護学校のPTA代表の方が、それぞれの学校の取り組みや、PTAとして何ができるかを
熱く語られる様子が、とても印象的でした。

 

 

その中で感じたこと。
それは
「立場が違えば、同じ取り組みに対しても意見や考え方や関わり方が異なる」という事。

 

 

当たり前(考え方が立場で異なる事)ではありますが、皆様すごく具体的に、かつ分かりやすくご説明下さるので
すべての説明が「ストン」と腑に落ちる感覚でした。

 

 

同じ障害でも「肢体不自由」「病弱」「知的」(それらの複合もあります)によって、またその中でも
「軽度」「中度」「重度」によって、立ち位置がまったく違うのです。

 

共通しているのは
「障害を持つわが子のために、どのように環境を整える事ができるか。」
そのために、国に意見を届けるために、PTAが必要なのだと。
小さな声をあつめて、大きくして届けるために、「当事者である保護者の力」が必要なのだという事でした。

 

 

日々の各学校での取り組みを通して、問題点を洗い出し、それによってより良い環境を作っていく。
「こんな活動って必要?」という事も、実は違う視点から見ると非常に有用だったりするのです。
もちろん、あきらかに削っても良い内容もあるでしょう。
それも「やってみたから分かった事」だったりします。

 

今までの試行錯誤が、現在に繋がっている。
これから活動内容を増やすも減らすも、今までがあるからこそ検討できるのだ、と。
それがたった1回参加しただけで伝わってくる会合というのは、なかなか無いのではないかと思いました。
いやはや、本部役員になって本当に良かったです。

 

 

 

さて、KissA-きっさ-には保護者だけではなく様々な立場の人が参加して下さいます。
事業所の枠や立場を超えて、皆で今後を考えられるように、あえて参加制限などは設けていません。

 

事業所さんにも、積極的に宣伝活動をしてくださいとお伝えしています。
支援活動をしている団体さんにも、同じことをお伝えしています。

 

 

だからといって、参加費(500円)以上の料金は、一切受け取っておりません。
何故か。
そこに「事業所(者)」┃「保護者」という壁を作りたくないからです。

 

 

保護者(当事者含む)も、事業者も、対等な立場で話をして欲しい。
事業者さんの中には、お子さんが障害児だったから立ち上げた!という方も多くいらっしゃいます。
だからこそ、お互いが色んな支援のケースを知る事で、もっと高め合って(技術も意識も)ほしい。

たくさんのお子さんの様々な特性を、事業者(所)が把握する事で、今後の支援が充実します。
そして、保護者は話を聴いている事業所の担当者を見て、「見る目」を養ってほしいのです。

 

 

もちろん、そんなの関係なくひたすら楽しく日々の事を報告しあって下さって良いんです。
あちこちで「真剣に話している(聴いている)人」「大爆笑している(させている)人」「相談している(されている)人」が
ごちゃまぜわちゃわちゃ状態で過ごす時間。
それがKissA-きっさ-という空間なのです。

 

 

KissA-きっさ-には、県内のいろんな養護学校に関係する方がたくさんいらっしゃいます。
是非、ひとりで悩まずに、抱え込まずに、気軽に遊びにきて下さいね。

 

 

次回のKissA-きっさ-開催予定については、KissAのLINE@、もしくはFBでご確認ください。
登録ページ等はこちらから。

 

 

 

☆イベント出店予定☆

5月21日(日)つながり祭 田原本町・県営福祉パーク

5月27日(土)たかまち お寺deマルシェ 高取町・光雲禅寺(出張KissA-きっさーもあります)

5月28日(日)大木の森 大淀町・吉野銘木販売(株)

6月13日(火)ダイハツビジネスフェア 奈良市・奈良ロイヤルホテル

 

☆講演会・セミナー予定☆

5月12日(金)「明るいオカンの作り方」 下市町・カフェかてと(終了・満席御礼)

5月22日(月)「明るいオカンの作り方」(わいわい茶話会拡張版) 奈良市 WFC(ウィメンズフューチャーセンター)

5月27日(土)「出張KissA-きっさー」 たかまち お寺deマルシェ 高取町・光雲禅寺

6月22日(木)3か月連続セミナー①「明るいオカンの作り方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

7月13日(木)「明るいオカンの作り方」 たかまち 暮らしのレッスン 高取町・夢創館

7月20日(木)3か月連続セミナー②「明るいオカンの暮らし方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

8月17日(木)3か月連続セミナー③「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

 

□講演会・セミナーのご依頼

「明るいオカンの作り方~起業までの道のり」
「明るいオカンの暮らし方」
「こどもの将来を見据える障がい児への関わり方栗本家の場合」
「小学校は地域と支援(養護)どっちがいいの?」
「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」
1講演1~2時間くらいで内容の時間を調整致します。その他、ご希望内容・講師料につきましては
下記までお問い合わせ下さい。

 

□個別相談・グループ相談□

家庭の内情を皆の前では話せない。こどもの障がいをオープンにしていない。
情報は欲しいけど、家族の障がいをほかの人に知られたくない方へ。
・発達の気になる子どもや家族がいる
・配偶者の協力を上手く引き出したい
・入園・入学前だけど不安
・どこに相談して良いかわからない
・先生とどう話していいのかわからない
・子どもの障がいを誰にも話せない
・我が子のクラスの発達障害の子への対応、どうすればいいの?
・とにかく話を聴いてほしい
初回:1時間3000円 2回目以降1時間2000円 遠方の方はスカイプなどでのご相談も受け付けております。

 

□講師プロフィール□
栗本薫(くりもとかおる)←某作家さんと同姓同名ですが、同一人物ではありません^^
1975年奈良県生まれ。株式会社のぎす代表取締役。
ボウリングレクリエーション用具「ころりんスライダー®」の企画・販売や、幼児・障害児(者)・高齢者を支える人が
楽に、楽しくなる商品をセレクトし、販売を行っている。
重度知的障害・自閉症・多動傾向の息子と定型発達の娘の子育て中。
障害児を育てる家族、当事者、支援者を一堂に会し、ゆる~く解決策を話し合い、情報交換を行う活動KissA-きっさーを主催。
自らの子育ての経験、精神的に不安定な家族を抱えた生活の経験から得た「明るいオカン」の生き方のヒントを伝える活動を行っている。

 

お問い合わせ
〒635-0081 奈良県大和高田市高砂町2-1サンライズビル1F
株式会社のぎす Tel:0745-23-7337 Fax:0745-23-7338
メールフォームはこちら