今日は雨が降ったりやんだりの大和高田市です。
涼しいのか、寒いのか?この時期着るものにも困りますよね。

 

 

当たり前といえば当たり前ですが、障害児を育てていると大変です。
実は定型発達児も、子育ては大変なのですが、やはり「皆と違う」という感覚は
「大変さ」をより増幅して「体感」する要因な気がします。

 

 

診断されてすぐは、まずその事実を受け容れられない。
そして「どうして私がこんな目に!?」と責任を外に求めるようになり
「私の何が悪かったんだろう…」と内省しすぎて鬱になりそうになる。

 

 

多かれ少なかれ、そういった感情や思考のゆらぎを経験してきた親御さんが多いと思います。

 

「どうして私が!?私の子が!?」

 

 

最初にそうなるのは、仕方のない事だと思います。
年月が経つにつれ、「この子は私を選んできてくれたんだ」と思えるようになりますが
診断直後はそうもいきません。

 

ところが、周りはそのセリフを「慰める」つもりで言ってくれるのです。

「その子はあなたを選んで生まれてきたのよ。」
「そういう子を育てられる家にしか、生まれてこないのよ。」

 

 

悪気がないのは重々承知の上。
ある程度受け容れが出来るようになれば
「ですよね~」
と言える事ですが、最初にそれを言われると
「うちが選ばれなくて良かった」と相手の言葉を裏読みしてしまい、頑なに「我が子の障害を認めない」親御さんになる場合があります。

 

 

よく鬱の人に「頑張れ!って言っちゃいけない」っていうのがありますが、まさにそれです。
「私を選ばなくても良かったでしょ!?」とより意固地になる可能性も否定できません。

 

 

 

そして、中には「あの子よりは(障害の程度が軽くて)マシか…」と思うようになる人も。

誰かよりマシ。
あの人(家)よりかは。
あの子よりかは。
まだこれくらいでよかった。

 

 

実際に面倒を見る(支援する)親としてはそう思う瞬間があると思います。
そして、それは見事な「親目線」でしかありません。

 

 

気が付くと、それが「あの子より障害程度が軽いはずなのに、どうしてこれがまだできないの!?」に変化する事もあります。

 

 

そう。
「どうして私が!?」
の時点で、すでに他人と比べている自分がいます。

 

 

天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず。

 

 

その子が、あなたのところに生まれてきたことには、意味があるかもしれませんし、ないかもしれません。
(意味があると思った方が、モチベーションの向上にはなりますし、私個人は意味があると思っています。)

 

 

 

理由はどうあれ、私のところに生まれて来てくれたんだ。
と、受け容れる事ができるように。

障害児を育てている親御さんに、無駄なプレッシャーをかけず
その親御さんも、わが子と誰かを無駄に比べない。

 

 

「あの子よりマシよね!」
なんて思っている親の事を

「どうしてこんな親の子に!?」
と、子どもに思われる結果にならないように、親も日々成長なのだと思います。

 

 

 

☆イベント出店予定☆

5月21日(日)つながり祭 田原本町・県営福祉パーク

5月27日(土)たかまち お寺deマルシェ 高取町・光雲禅寺(出張KissA-きっさーもあります)

5月28日(日)大木の森 大淀町・吉野銘木販売(株)

6月13日(火)ダイハツビジネスフェア 奈良市・奈良ロイヤルホテル

 

☆講演会・セミナー予定☆

5月12日(金)「明るいオカンの作り方」 下市町・カフェかてと

5月27日(土)「出張KissA-きっさー」 たかまち お寺deマルシェ 高取町・光雲禅寺

5月22日(月)「明るいオカンの作り方」(わいわい茶話会拡張版) 奈良市 WFC(ウィメンズフューチャーセンター)

6月22日(木)3か月連続セミナー①「明るいオカンの作り方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

7月13日(木)「明るいオカンの作り方」 たかまち 暮らしのレッスン 高取町・夢創館

7月20日(木)3か月連続セミナー②「明るいオカンの暮らし方」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

8月17日(木)3か月連続セミナー③「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」 木津川市 きづがわinfo. 東部交流会館

 

□講演会・セミナーのご依頼

「明るいオカンの作り方~起業までの道のり」
「明るいオカンの暮らし方」
「こどもの将来を見据える障がい児への関わり方栗本家の場合」
「小学校は地域と支援(養護)どっちがいいの?」
「今日からあなたも明るいオカン!気持ちをプラスに変える実践セミナー」
1講演1~2時間くらいで内容の時間を調整致します。その他、ご希望内容・講師料につきましては
下記までお問い合わせ下さい。

 

□個別相談・グループ相談□

家庭の内情を皆の前では話せない。こどもの障がいをオープンにしていない。
情報は欲しいけど、家族の障がいをほかの人に知られたくない方へ。
・発達の気になる子どもや家族がいる
・配偶者の協力を上手く引き出したい
・入園・入学前だけど不安
・どこに相談して良いかわからない
・先生とどう話していいのかわからない
・子どもの障がいを誰にも話せない
・我が子のクラスの発達障害の子への対応、どうすればいいの?
・とにかく話を聴いてほしい
初回:1時間3000円 2回目以降1時間2000円 遠方の方はスカイプなどでのご相談も受け付けております。

 

□講師プロフィール□
栗本薫(くりもとかおる)←某作家さんと同姓同名ですが、同一人物ではありません^^
1975年奈良県生まれ。株式会社のぎす代表取締役。
ボウリングレクリエーション用具「ころりんスライダー®」の企画・販売や、幼児・障害児(者)・高齢者を支える人が
楽に、楽しくなる商品をセレクトし、販売を行っている。
重度知的障害・自閉症・多動傾向の息子と定型発達の娘の子育て中。
障害児を育てる家族、当事者、支援者を一堂に会し、ゆる~く解決策を話し合い、情報交換を行う活動KissA-きっさーを主催。
自らの子育ての経験、精神的に不安定な家族を抱えた生活の経験から得た「明るいオカン」の生き方のヒントを伝える活動を行っている。

 

お問い合わせ
〒635-0081 奈良県大和高田市高砂町2-1サンライズビル1F
株式会社のぎす Tel:0745-23-7337 Fax:0745-23-7338
メールフォームはこちら