今日も良いお天気の大和高田市です。
現在、私の後ろでは「あなたの講座が大盛況になる話し方」の講座が開講されています。
満員御礼!9名の方が講座を受けられています。
仕事をしながら耳をダンボにして聴いている栗本です。

 

 

どうせなら、ご家庭でもお母さん(お父さん)の言葉がお子さんに大盛況になればいいですよね。
というわけで今回は「お子さんの良いところを見つける」お話です。

 

 

「そんな事いうても、うちの子は注意するとこしかでてこーへんわ!!」

 

 

そんなお声が聞こえてきそうです。
ですよね、分かります。
そこを、ひとつ。どんなところでもいいんです。
お子さんの良いところ、お母さん(お父さん)がお子さんのここが好き!というところを見つけましょう。

 

 

「こどもが心を開いてくれない。」
そんな話もよく伺います。
何故、心が開けないのか。
「開かない」わけではないんです。「開けない」んです。

 

では、なぜ開けないのか。

 

「どうせ聞いてくれないんじゃないか」

 

 

とお子さんが思っているからかもしれません。

 

 

よくありますよね。
100点とったから、さすが私の子!
優勝したから、さすが俺の子!

 

もちろん、何かいいことがあった、努力して素晴らしい結果になった時に褒めるのは大事です。
出来れば盛大に褒めてあげると更に良いと思います。
で、どうせなら割とどーでもいいと思われる普通の事も褒めてみて下さい。

 

 

栗本家では、はたからみると「そこ褒める!?」というところをよく褒めています(笑)

 

 

「今のツッコミ方最高!」
「ちょ、その大声どっからでてるん?すごいな!」

 

 

思いもよらないところを褒められると、こどもはびっくりします。
そんなところも褒められるの!?と思います。
これは決して甘やかしではありません。

 

「相手を認め合うコミュニケーション方法」です。

 

 

どんなところでもいいんです。
良いところを見つけましょう。

 

どうしても粗さがしをしてしまう。悪いところだけ目についてしまう!
そんな時は鏡を見ましょう。
小じわを全部数えて、こどものアラとどっちが多いか数えるところからスタート!

 

こどもが思っている事を全部話せるような、大盛況な会話をご家庭で是非。
うちの子のどこを褒めたらいいのか分からない!と言う場合は、個別にご相談下さいね♪