お天気はすごく良いのですが、すごく風がきつい大和高田市です。

 

さて、息子が診断された日の事を、講演やセミナーではたいてい最初にお話しします。
今でこそ「明るいおかん」の栗本が、まだ泣くしかできなかったときのお話です。
それは10年前の冬。忘れもしない1月15日。その日は専門の病院の専門の医師の「初診」限定の水曜日。

朝8時過ぎに受付を済ませ、待合に居ると「大体11時ごろの診察になります。」と看護師さん。
初診は水曜日だけだもんなぁ、そりゃあ混み合うよなぁと思いつつ待ちました。

ところが11時を過ぎても一向に名前を呼ばれません。
看護師さんに確認すると「すみません、多分お昼2時ごろになると思います…。」
諦めて一旦家に帰り昼食。当時乳児だった下の子も連れていたので、移動するだけでも大変でした。

そして2時。
呼ばれません。待てど暮らせど呼ばれません。

最終的に診察室に入ったのは、なんと夕方6時すぎ。
もっと家で待っていても良かったんじゃ…と思う間もなく診察室に飛び込む息子。
入ってすぐに椅子に促され、座った瞬間に医師がひとこと。

「あ、お母さん、自閉症。」

部屋に入って3秒です。瞬殺です。
スーパーマリオ(初期の)で始まってクリボーに出会って当たって終わるより早いです。

泣きました。大泣きではありませんが、涙はこぼれました。
ありがちですが、その日、どうやって帰ったのかよく覚えていません。

あれから10年。
今では人様に講演をするほど「明るいおかん」になりました。
どうしてそうなれたのか?どんな心境の変化があったのか?
それはまたおいおいに^^